<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009.11.28 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2008.11.08 Saturday

感動したー

 今日のポポのゴールよかった・・・。

はじめて、階段駆け下りてしもうた。

美しいゴールは、胸にひびきます。

ポポの思いもつまっていたのか。
ビビっときたー。逆転勝利サイコー。

今日は一緒に観た仲間も多かったし、
うれしい一日でした。

2008.10.05 Sunday

はっととりっく

JUGEMテーマ:日記・一般
昨日みたいな日もあるんだ。 
あーもう、あんなにいい気分で家路についたのは久しぶりだった。

村上祐介サイコー!
「次節から、全試合出ていよいぞー」と叫ぶ。
みんなで喜びあったのも久しぶりだ。

知らない人ももう関係なく、みんな抱き合ったり、ハイタッチ。

叫びすぎて、のど痛くなって夜起きちゃった。風邪気味だっんだおれ。
でも、起きてからビデオを深夜なのに見直した。
ハットトリックみたの初めてかも。

大宮はサポーターが少なかったから、レイソルのホームみたいになってた。

これまでサポーターやってて、昨日ほど

「おれらの力で勝たせた」

と思ったことなかった。

昨日はホントそう思いました。

そのくらい、みんな気持ち入りまくりでした。

優勝したわけでもないので、喜びはこのへんで。

次節、連勝!

2008.10.02 Thursday

残留争いなんて似合わねえ

 ガンバ戦・・・負けた。ぐぉおお。ぐやしい。

ということで、あさっての大宮戦のチケット買った。
もうアウェイだろうが、テレビの前でみてらんね。

生活のバランス考えて、アウェイは観にいかないことにしていたけど、
やめやめー。次は絶対かーつ。

あと、もう誰を外せとか、出せとかもやめ。

試合出る奴は、誰でもいい、誇り持ってきっちりやれ。

応援すっから。

以上

2008.09.30 Tuesday

明日はガンバ

雄太使え~

と、

昨日も書いたが、

別に菅野に全責任をなすりつけるつもりもない。

けど、流れ変えるには、雄太入れるのが一番じゃないかと思うのだ。

とにかく、

明日は、走りまくって絶対に勝ーつ。

涼しくなったし。

2008.09.29 Monday

雄太使え

 久しぶりにレイソルの話題だけど、

もうやるしかないよね。

自分たちが信じてきたサッカーをやるしかナイス。
鬼プレスで、ばかみたいにやってきたんだからそれやるしかないよ。

そんなに器用じゃないんだし、上手でもない。

プレスレスとかいってないで、今シーズンはそれでやって。

先制点取ったら、
プロなんだから、試合中は少し考えて、勝ち点拾うために頭も使え。

いまさらここで監督代えられるわけでもない。
迷ってなんかいられん。

とりあえず、あさってのガンバ戦は、雄太を使ってくれ。

流れ変えましょうよ。雄太使って。

誰にいってんだか。

あと、7試合。

2008.06.29 Sunday

でもただの勝ち点3

ちょー久しぶりに書く。

ブログはどうしても継続できず、書かないとページを覗くのもしなくなり。

最近、職場の人間関係で嫌な思いをすることがいくつかあり、どーも調子がよくなく。仕事も忙しくて、精神的に疲れ気味。

今週末も、大阪、金沢、名古屋の2泊3日の出張。帰りも柏で深酒しちゃうのも悪いのだけど、週末もマンション購入の手続きの書類が色々あったりして。どーしてもイライラすることが多くなってしまう。

こっちまでブルーになるから早くレイソル観にいけと、嫁さんにも諭され。

そんな土曜日の浦和との一戦で勝利。

・・・

日曜日はちょースッキリ

効くは〜、この勝利。

JUGEMテーマ:日記・一般


2008.01.18 Friday

谷澤完全移籍

谷澤完全移籍。。。

まじかよ。まじかよーーー。

ちょっとびびったな。いや、だいぶ。

環境変えたほうが彼にとってよいだろうということは十分理解しつつ
さみしいもんだ。

良い選択かもしれないが。

しかも、ジェフか〜・・・。

頑張れよー、ヤザ。
JUGEMテーマ:日記・一般


2007.12.09 Sunday

入れ替え戦みて

昨日は入替戦をスカパーでみた。レイソルが全く関係ないのは、何年ぶり?なんでしょ。かなり客観的にみれるのではあるが、レイソルから期限付き移籍中のDF中谷が母親を亡くしたのにもかかわらず、出場しているとのことで。自然と京都寄りで観戦。

かつ、広島が落ちれば、柏に誰か来ないかな。などという淡い希望も抱いていた。寿人とか欲しいななんて思ってました。

結果は、ノースコアのドローで。広島が降格。

実際降格したチームを目の辺りにすると、どうしても2年前を思い出し、心苦しい。やっぱり、残酷なシステム。。。

でも、だいぶそのときと違うのは、寿人がサポーター席に向かって、来年絶対上げるから!すみません!とマジ顔でいってるとこ。明神はそんなこといってなかったし。寿人は、日本代表でありながら本当に残りそうな雰囲気だ。

広島はユース出身が多く、若手の起用もしっかりやるし、いいチームだと思う。降格したときの柏よりかは、そこまで流出しなそうな予感。でも、ダウン提示されて、他チームからオファーがくれば、また考えも変わるのかもしれないが。

柏は最終節のジュビロ戦でも、若手を起用せず。大島、柳澤といった各世代で代表はってきた有望株がいるにもかかわらず、出さない。なぜか、由紀彦出しちゃう。別に由紀彦嫌いじゃないけど。なぜ?柏の未来にプラスにならんでしょ。

しかも、またもや柏ユースの堀田秀平くんも札幌行きが内定。この子も各世代代表はってる逸材だし、今年はこれで3人ユース選手が他チーム流出。

比嘉 厚平、酒井 宏樹が第2種契約したのは興味深いけど。なんでこう、柏のユース世代は、他チームにいってしまうのかな。と広島をみて思ったのでした。

2007.10.30 Tuesday

泥試合

 もうすぐ11月。今年もあとわずかです。しかしまあ、先週末はひどい試合でした。

 雨の戦い方をホームである柏レイソルが出来ず、退場者を出したうえの、連続3失点で自滅。

 雨の中、だいの大人が飛び跳ねて応援して、そりゃないでしょっつの。

 さすがにブーイングかましたらしいけど、おらもうブーイングする気にならずに、さっさと引き上げたよ。びちょ濡れだし。

 フランサは浮き玉で対応しようとしているのに、ほかのやつらときたら、小細工しようとして、もたもたしているうちに、2,3人集まってきて、ボールもどっちいくかわからず、とりあえずけってみたりして、もうわけが分からなくなる。

 大谷は、点を取られた後も、みんなを鼓舞する姿をみせていて感心したけど、あとはなんだかもう。

 南もあんなプレーしているようじゃ、次は一度外れた方がよいかも。

 しかし、雨降ったときには日立台で練習しないのかな。あれだけの悪条件だと、相手チームと同条件ではないのではないかと思ってしまう。こっちにアドバンテージがあって必然だろう。

 どこが水溜りが多くなるからとか、ちょっとピッチがへこみ気味だからとか、あそこはボールが止まるとか、ホームスタジアムなんだから分かりそうなもんだけどね。

 逆に相手チームに後半あたりから慣れられちゃって、ホームチームが遊ばれちゃったら目も当てられないよ。

 思い出したら、気分悪くなったけど。ひとつだけ、よいことがあったといえば、試合前に投げるボールをゲットしたこと、ですかな。初めてでした。はい。うれしいっす。

2007.10.24 Wednesday

出てった選手

 浦和のACL戦、苦戦中のようだが。。。ん、相手の城南一和の得点者がなにやら聞き覚えのある名前だなと思ったら、チェ・ソングッって以前柏に半年くらい在籍したことのある韓国のマラドーナといわれた彼ではないかっ。ああ、当時のレイソルといえばさむかったのお。彼も、たしか1点も取らずに去っていったんだよな。

 あれから、韓国のチャンピオンチームでスタメンで活躍して、ACLに出ているとは。だいたい、レイソルから出てった選手は、レイソル在籍時以上に活躍している気がする。これは喜ぶべきか。

 出て行った選手が気になるのは、日本特有の感情といった趣旨の記事をなにかで読んだことがあるが、根っから日本的な僕は、例にもれず、出て行った選手が気になるたちである。

 レイソルで出場機会があまりなかった選手でも、たいていはレギュラーで活躍していたりするものだが、宇野沢はまったくといって出ていない。ハセはたまに出ているようだが、ウノはまったく出ていないみたいで気になっていた。

 今日の試合では、後半少し出場したみたいですな。かなり久しぶりなんじゃないかなあ。今年も戦力外なんてことにならなければよいけど。

 ヴェルディは今日も勝利し、この勢いで札幌とともに自動昇格しそうだ。とはいえ、まだまだ何が起こるかわからない。この時期のJ2はほんとに面白い。外野でみてる分には。当事者は、もう、ぜったいやだ。

 スカパー11月だけでもJ2が観れるパックに変更しようかなあ。
ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED

無料ブログサービスJUGEM


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.